• 2017.09.15 Friday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

バベルの塔

こんにちは。アクセス、ありがとうございます。


潰瘍性大腸炎で様々な苦労をされている方々が、遠回りをせず少しでも楽になるためのお手伝いができないだろうかと思い立ったことがブログ再開の動機です。


最初にお断りしておきますが、私自身、潰瘍性大腸炎を完治させておりません。

今も仲良くさせてもらっております(笑)。(ただし、この病気のお蔭で人生の"プチ"どん底を経験することができました。)

ですから、治療に関する情報提供などはできません。


今後の投稿内容は、数年間、多ジャンルの本を読んだり、それを実践したりした現在進行形での経過報告が中心になると思います。

そんなことが皆さまのお役に立つのかどうかはわかりません。

全くの無駄やご迷惑になる可能性すらあります。

やるからには私も含む全員が「一ミリでも前、上へ」進めるブログを目指しますので、今後も励ましたり励まされたりといった交流ができればいいなぁと思っております。


昨日、国際美術館「バベルの塔」へ行ってきました。

元祖「きもカワイイ」アーティスト、ヒエロニムス・ボスとピーテル・ブリューゲル1世の作品が観れるとあって、平日とは思えぬほどの盛況ぶりに、「バベルの塔」鑑賞の際には持参していた双眼鏡が大活躍しました。

作品にはもちろん感動しましたが、別の感想としては、ただ見せるだけでなく理解を深めるという来館者視点での巧妙な企画がとても良かったと思いました。15〜16世紀のキリスト教文化の変貌過渡期を作品を通じて感じることができました。

 

ウイキペディアには「偽典の「ヨベル書」によれば、神はノアの息子たちに世界の各地を与え、そこに住むよう命じていた。しかし人々は、これら新技術を用いて天まで届く塔をつくり、シェム[6]を高く上げ、人間が各地に散るのを免れようと考えた。神は降臨してこの塔を見「人間は言葉が同じなため、このようなことを始めた。人々の言語を乱し、通じない違う言葉を話させるようにしよう」と言った。このため、人間たちは混乱し、塔の建設をやめ、世界各地へ散らばっていった。バベルの塔の物語は、「人類が塔をつくり神に挑戦しようとしたので、神は塔を崩した」という解釈が一般に流布している。」と解説されていますが、ブリューゲルはそれまでの画家が描いた想像の建築物「バベルの塔」に物語や信念のようなものを込めて3作品を製作しました。

 

私はブッディストですが、神の意志により人種、国境、言語ができ、それらがそもそも人間同士の戦争の原因となっているとは思いたくないですね。きっとブリューゲルもそんなメッセージを込めたのではないかと感じました。

 

個人的に昨日より6連休となっています。

入院までにやっておきたいことが盛りだくさんですが、一つ増えたことがあります。

先日「SLEEP」を読んだがために「アーシング」というものを知ることに。

それは、電磁波によってプラス電荷過多となった体からアースすることによって電荷のバランスを整えようとするものですが、ネットで調べると、寝ながら、PCしながらなどなどの方法があり、買えば高価となるものを沢山の人がDIYで体験している、しかも効果があるとのことでした。

電気=水と連想した私は、ネットで「アーシング 風呂」で検索。するとアーシング風呂なる情報にヒットしました。

なので、今からアース棒などの部品購入後、自作してみることにしました。

本来ならふすまの張替え予定日だったのですが(笑)。

 

理屈ではプラス電荷が放出される際、マイナスイオンを取りこむことになるのでミネラルやビタミンの流出を防ぎ血流改善され熟睡効果や免疫力UPが期待できます。

試してみて効果あればお知らせします。

 

P.S.アーシングに関する書籍「はだしで大地に立つと病気が治る」も注文しました。本日到着予定です。

こちらも良い感想あれば報告しますね。

 

 

 

  • 2017.09.15 Friday
  • 10:32
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
movie
潰瘍性大腸炎リング
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
安心レシピでいただきます!―潰瘍性大腸炎・クローン病の人のためのおいしいレシピ125
安心レシピでいただきます!―潰瘍性大腸炎・クローン病の人のためのおいしいレシピ125 (JUGEMレビュー »)
斎藤 恵子,日本炎症性腸疾患QOL研究会
数少ない腸疾患向けのレシピ本です。
食事制限がある患者に前向きな食生活を提供してくれます。
病状に合わせたレシピ紹介が便利です。
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.